東京テクニカルカレッジに出張講義に伺いました

こんにちは、Monacaエバンジェリストの生形です。
1月24日に、専門学校東京テクニカルカレッジに出張講義に行って参りました。

東京テクニカルカレッジでは、RJP(リアルジョブプロジェクト)と呼ばれるカリキュラムを実施されています。
RJPは各学科の学生がそれぞれの専門分野を活かして一つのプロジェクトを遂行するもので、学舎の1Fにはその成果物であるカフェが併設されています。
外観は建築科・インテリア科が、カフェで提供するメニューは環境テクノロジー科・バイオテクノロジー科が、
そして注文システムやWebサイト等は情報処理科・Web動画クリエイター科が担当しています。
実際の仕事と同じように、自分の専門領域以外の人とコミュニケーションを取りながらプロジェクトを進めることで、
人と話し合う力や自ら考え行動する力を身に着けられるのだそうです。

RJP紹介サイト

授業の様子

今年のRJPではアプリ開発を行うということで、情報処理科の1,2年生合同でMonacaの授業を実施しました。
書籍「Monacaで学ぶはじめてのプログラミング」を使ってアプリ開発の基本は一通り学習済みということでしたので、
より発展的な技術を習得して頂くためにOnsen UIとクラウド連携(ニフティクラウド mobile backend)の利用方法について解説しました。


 
普段からプログラミングに慣れ親しんでいる情報処理科の学生だけあって、授業はとてもスムーズに進みました。
今回学んだことを活用して、クラウド連携機能のあるゲームアプリ等を開発される予定だそうです。

授業資料について

今回実施した「Onsen UI」と「クラウド連携(ニフティクラウド mobile backend)」の授業資料は、
Monaca講義用スライド第2弾 に含まれています。
ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

人間総合科学大学に出張講義に伺いました

こんにちは、Monacaエバンジェリストの生形です。
1月21日に、人間総合科学大学に出張講義に行って参りました。
人間総合科学大学の人間科学部 健康栄養学科では、管理栄養士の養成に取り組んでおられます。
今回学生の皆さんが卒業制作として管理栄養士の国家試験対策アプリを制作されるということで、
試験問題アプリの作り方をレクチャーしに伺いました。

なお、事前に「Monacaで学ぶはじめてのプログラミング」の第12章までは、動画教材を利用して自己学習して頂いておりました。
動画教材はMonacaの利用を表明して下さっている教育機関様にご提供しております。ご興味のある方はお問い合わせください。

授業の様子

多少時間はかかったものの、ソースコードを1から書き始めて、無事に全員アプリを完成させることができました!
今回作ったものは単一選択式のシンプルな試験問題アプリでしたが、
今後は複数選択式の問題を増やしたり、タイムアタック機能をつけたりと、より本格的なアプリに発展させていきたいという夢を語ってくださいました。

所感

今回の人間総合科学大学のように、情報系の教育機関以外でも、学生の皆さんの夢を実現するためにMonacaが採用されるケースが増えています。
もはやモバイルアプリは生活の一部になっていて、ITエンジニアやそれを目指す学生の方以外でも、手段のひとつとしてアプリ開発を行っています。
プログラミングは専門職の人だけのものというイメージが払拭され、誰でも当たり前のようにアプリ開発をする時代が到来しつつあることを実感しました。

資料ダウンロード

試験問題アプリの資料およびソースコードは以下に公開しておりますのでご自由にお使い下さい。

スライド資料

ソースコード

https://github.com/kanakoubukata/monaca_quiz_app

日本最大級の子供向けITイベント『IT津梁まつり2017』に行ってきました

MonacaEducation担当の岡本です。
沖縄県で毎年開催されているIT津梁まつりに今年も参加してきました。

IT津梁まつりとは

沖縄県で毎年行われている子供向けのIT体験イベントです。このイベントが面白いのは出展者の属性が2パターンあって、片方は高校生や大学生・専門学生といった若者達、もう片方は沖縄県内のIT企業になっていることです。

また、参加者側の年齢層が非常に若くて幼稚園生や小学生ぐらいの子供たちも大勢参加しています。

高校生や大学・専門学生によるブース出展では日頃の成果を発表したり子供向けの体験コーナーを用意してITの楽しさを伝える展示が行われます。また、企業ブースでは最新のIT製品に触れたりプログラミングの体験学習コーナーなどが用意されました。さらに『ETロボコンWRO大会』や各種セミナーも併せて開催されました。

詳しくは公式ウェブサイトをご参照ください。

IT津梁まつり2017|Official Site

Monacaで作った作品を展示してくださった学校の紹介

今年は『宮古工業高等学校』と『八重山商工高等学校』がMonacaで作ったアプリ作品を展示しておりました。また、『名桜大学』もMonacaのブロック崩しアプリを改造したものを子供向けの体験として展示しておりました。

宮古工業高等学校

八重山商工高等学校

企業の展示についても少し紹介します

会場入口の方で出張スタジオが出来ていてトライキャスターでUstream配信体験が行われていました。

アイソトープス株式会社-IT津梁祭りへの出店

またドローンも飛んでました。

IT津梁まつり2017に関するニュース情報

ヤフーニュースなどにニュースが出ていたのでリンクしておきます。

ドローンや最新技術紹介 豊見城でIT津梁まつり

IT津梁まつり 八商工(情報技術科)「観光アプリ」展示

沖縄の未来が楽しみです

デジタルネイティブという言葉があるくらいですから今どきの子供にとってスマホなどのIT製品に触れることは多いと思います。ただ、その仕組みがどうなっているのか?それを作っている人たちはどんな人たちなのか?詳しく知る機会は貴重だと思います。

IT津梁まつりを通じてプログラミングをはじめとしたIT技術の中身や、IT技術の習得や活用に取り組んでいる学生、IT企業で働く大人たちの姿を小さいころから見た子供たちが、将来どんな活躍をするのか今から楽しみです。

Monaca講義用スライド第2弾を提供します!

はじめまして、Monacaエバンジェリストの生形です。

「Monacaで学ぶはじめてのプログラミング~モバイルアプリ入門編~」の追加教材リリースのご案内です。


「Monacaで学ぶはじめてのプログラミング~モバイルアプリ入門編~」は授業で使うことを意識して章立てや内容に工夫を凝らしたフルカラーの入門書となっています。
また付録のサンプルアプリも充実しているため教育現場で使いやすいと先生方から好評を頂いております。

発売から約一年が経ち、書籍を導入頂いている先生方からサンプルアプリを元に生徒が次のステップに進めるような教材が欲しいというリクエストを頂くようになりました。
そこで、サンプルアプリの開発を通じてより実践的なアプリ構築手法を学ぶことができる追加のスライド教材を作成いたしました。

こちらは既にHTMLやJavaScriptの基礎を学習済みのクラスでも活用しやすい内容となっているため、書籍を購入していない学校でも利用可能です。

全10回構成で、以下のような内容となっております。


第1回 オリエンテーション

  • Monacaのアカウント登録と操作方法の習得
  • Educationプランを適用する

第2回 おみくじアプリを作ろう

  • HTML/CSS/JavaScriptの基本文法を復習する
  • 乱数の取得方法を学ぶ

第3回 おみくじアプリを改造しよう

  • Alertによるデバッグ方法を知る
  • 端末固有の機能を使う
  • 結果の出現確率変更やカウント機能などを追加し、アルゴリズムの組み立て方を理解する

第4回 宝当てゲームを作ろう

  • 関数の理解を深める

第5回 宝当てゲームを改造しよう

  • ローカルストレージを利用して端末にデータを保存する

第6回 Yes/Noチャートアプリを作ろう

  • Onsen UIを使って画面を構築する
  • 共有開発機能で複数人によるアプリ開発を体験する

第7回 道路標識暗記アプリを作ろう

  • JSONの扱い方を知る
  • 大量のデータを配列・for文で処理する方法を理解する

第8回 アンケートアプリを作ろう

  • mBaaS(ニフティクラウド mobile backend)を使う
  • サーバーが必要なアプリの種類を知る

第9回 地図アプリを作ろう

  • Yahoo!の地図APIを使う
  • 位置情報の取得方法を知る

第10回 位置情報共有アプリを作ろう

  • これまでに学んだ技術(mBaaS、Web API、端末固有の機能)を活用して本格的なアプリを開発する
  • 各要素技術がどのように関係し合ってアプリが構築されているのかを理解する

本教材はMonacaの利用を表明して下さる教育機関様(学校教育法で定められた教育機関)に無料で提供いたします。
また、教材の前半部分(第1回~第3回)は教育機関に限らず無料公開します。

書籍『Monacaで学ぶはじめてのプログラミング』講義用スライド第二弾

大学の授業で実際に活用しました

このスライドは実証実験として横浜商科大学・経営情報学科の後期科目「情報システムとプログラミング2」で利用しました。
前期で『Monacaで学ぶはじめてのプログラミング』を元にHTMLやJavaScriptの基礎を学習した学生に向けて、後期から私が非常勤講師としてお伺いして授業を行いました。

学生自らが考える哲学・ビジョン・コンセプトを実現するためのアプリを、自分たちの手で開発することを最終目標としており、アプリの企画を行う科目と連動して授業を実施しました。
ストアに出せるようなアプリを作るということが強い達成感に繋がるようで、皆さんとても楽しそうに授業を受けて頂きました。

スライドのデータを希望される教育機関様へ

Monacaの利用を表明して下さる教育機関様(学校教育法で定められた教育機関)にはスライドデータを無料で提供いたします。希望される場合はお問い合わせフォームよりご連絡ください。

お問い合わせフォーム

※ お問い合わせの際は『第二弾のスライドデータ希望』とご記入ください。
Monaca導入校一覧への掲載許可をお願いします。
※ 提供範囲は学内利用のみとなります。
※ 余儀なく終了する場合があります。

モニター校も募集中

Monacaを試したい中学校・高校向けに『教材データ』と『ライセンス』をモニター提供いたします。
Monaca Educationモニター制度のご案内

一般の方へ

書籍『Monacaで学ぶはじめてのプログラミング』は提携書店の BookWay にて送料無料で購入できます。
また、法人の大量購入は弊社まで お問い合わせ ください

Monacaが学べる教室紹介(神奈川県海老名市)

神奈川県厚木市の公民館などでMonacaを使ったプログラミング教育を行っている崎山様より2月の講座情報をご連絡を頂いたため、ご紹介いたします。

講師名:[崎山 梨絵(サキヤマ リエ)]
講座名:【小学生対象】親子でつくるスマホアプリ作成講座(絵本アプリを作ろう編)
会場:コサイエ
※RICOH Future House(リコー フューチャーハウス)内にあります。

※Monacaでは外部の教室については一切保証しておりませんので予めご了承ください。