東京テクニカルカレッジに出張講義に伺いました

こんにちは、Monacaエバンジェリストの生形です。
1月24日に、専門学校東京テクニカルカレッジに出張講義に行って参りました。

東京テクニカルカレッジでは、RJP(リアルジョブプロジェクト)と呼ばれるカリキュラムを実施されています。
RJPは各学科の学生がそれぞれの専門分野を活かして一つのプロジェクトを遂行するもので、学舎の1Fにはその成果物であるカフェが併設されています。
外観は建築科・インテリア科が、カフェで提供するメニューは環境テクノロジー科・バイオテクノロジー科が、
そして注文システムやWebサイト等は情報処理科・Web動画クリエイター科が担当しています。
実際の仕事と同じように、自分の専門領域以外の人とコミュニケーションを取りながらプロジェクトを進めることで、
人と話し合う力や自ら考え行動する力を身に着けられるのだそうです。

RJP紹介サイト

授業の様子

今年のRJPではアプリ開発を行うということで、情報処理科の1,2年生合同でMonacaの授業を実施しました。
書籍「Monacaで学ぶはじめてのプログラミング」を使ってアプリ開発の基本は一通り学習済みということでしたので、
より発展的な技術を習得して頂くためにOnsen UIとクラウド連携(ニフティクラウド mobile backend)の利用方法について解説しました。


 
普段からプログラミングに慣れ親しんでいる情報処理科の学生だけあって、授業はとてもスムーズに進みました。
今回学んだことを活用して、クラウド連携機能のあるゲームアプリ等を開発される予定だそうです。

授業資料について

今回実施した「Onsen UI」と「クラウド連携(ニフティクラウド mobile backend)」の授業資料は、
Monaca講義用スライド第2弾 に含まれています。
ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

イベントレポートカテゴリーの記事