概要

Monaca Educationで、Python言語を使ったプログラムを書くことができます。
本資料では、Pythonプログラムを書いて実行するための手順を示します。

これはBrythonというライブラリによって実現しています。

Monaca Educationプロジェクトへの、Brythonライブラリの組み込みに関する詳細は、別資料
『Monaca EducationでのPythonコード実行のメカニズムと、高等学校『情報I』教科書向けの構成』
をご覧ください。

基本構造

Pythonを実行するためのMonaca Educationプロジェクトは、次のようなファイル構成になっています。

JavaScriptプログラムを書くために配置してあるmain.jsには、グラフ表示を行うJavaScriptのライブラリ(Plotly.js)を、Brythonの仕組みから呼び出すためのプログラム等が書かれています。このファイルは通常は変更する必要はありません。

Monaca IDEのプロジェクトパネルでは、次のように見えます。index.htmlと同じ階層にpython.pyがあることを確認してください。

これらのファイルのうち、Pythonプログラムを書くためのファイルは、python.pyです。
このファイルの23行目以降に、Pythonプログラムを書きます。
22行目までは、アシアルで用意したプログラムとコメントで、通常は変更する必要がありません。

手順A: 教科書のコードを含むプロジェクトをインポートする

アシアルでは、各教科書会社の「情報I」用教科書につき、サポートページを用意しています。このサポートページには、教科書に記載されているPythonプログラムをすぐに利用できるインポートのためのURLが記載されています。
このURLからインポートをすることで、簡単に教科書のPythonプログラムを取り込んで利用することができます。

各社の教科書のサポートページのURLや、アクセスのためのパスワードについては、別途アシアルにお問合せください。

高等学校教科書・教材サポートページお問い合わせ(高校限定)

手順B: ひな型プロジェクトをインポートする

アシアルではBrython組み込み済みのひな型プロジェクトを公開しています。これをインポートすることで、簡単にPythonプログラムを始めることができます。

Brythonテンプレートをインポートする

python.pyの23行目以降に、自分の書きたいPythonプログラムを書くようにします。

教科書記載のPythonプログラムのサポート状況

TkInterやmatplotlibなど、Python言語に付属しないライブラリを利用するプログラムについては、アシアルがプログラムを提供していない場合があります。

また、アシアルが提供するプログラムの中には、JavaScriptのライブラリを使ってPythonライブラリの動作を模倣しているものが含まれます。これらは、教科書のプログラム通りではない場合があります(差異がある場合、プログラムにコメントでその旨を記載しています)。

各教科書会社の「情報I」用教科書記載のPythonプログラムのサポート状況の詳細については、各社の教科書のサポートページをご覧ください。

Monaca for Studyのサポート状況

アシアルが提供するPythonプログラムは、Monaca Educationで動作確認をしています。

Monaca for Studyでの動作は、iPhone版で確認済みです。
Android版での動作は、現在準備中です。