Monaca Educationでは、Brythonの機能によりPython言語を使ったプログラムを記述できますが制限があります。

Brythonで行えることの詳細については公式サイトをご参照ください。

本ページでは、情報Ⅰを学ぶ上での主な制限事項について説明いたします。

Python(Brython)の制限

外部ライブラリの利用はできません

『NumPy』や『scikit-learn』などの外部ライブラリは利用できません。ライブラリを利用した授業を行いたい場合は、インストール版のPythonやGoogle Colabなどの利用をご検討ください。

基本的に『サンプルアプリ教材』の提供がありません

おみくじアプリや蔵書管理アプリ、ぷよぷよプログラミングなどは動きません。JavaScript版のみの提供となります。

Monaca EducationのPython(Brython)でできること

情報Ⅰの教科書レベルの実習

プログラミングの基礎的な部分は概ね実行可能です。教科書会社各社のサンプルコードに従ったサンプルを高校の先生限定でご提供しています。教科書のグラフ描画やCSVファイル操作についても対応しています。

グラフ描画の実現方法について

Python用の外部ライブラリが利用できないためグラフ描画ライブラリ『Matplotlib』も利用できませんが、JavaScript用のライブラリをラップして対応しています。

Monaca EducationでPython(Brython)を使うメリット

  • インストール不要
  • 教科書のサンプルをワンクリックでインポート可能
  • グラフ描画ライブラリの追加設定不要
  • Google Colabの導入が難しいケースでも利用可能