情報処理学会第79回全国大会ナビゲーション & スタンプラリーアプリでMonacaを採用いただきました

情報処理学会の全国大会に出展していたところ、名古屋大学の河口信夫教授から衝撃的なことを教えて頂きました。

情報処理学会第79回全国大会ナビゲーション & スタンプラリーアプリはMonacaで開発しました」

アプリのスクリーンショット

驚きました、イベントに出展したらイベントアプリが自社製品で開発されていたのですから…

Monacaが情報処理学会の全国大会でも活用されるとは大変名誉なことだと感じております。

アプリの内容

  • ナビ(屋外だけでなく屋内も対応)
  • 音声ナビゲーション
  • スタンプラリー
  • グルメ情報
  • 全国大会のプログラム情報
  • データ収集機能

懇親会の余興タイムでアプリの紹介がありました。

BLEによる測位を活用して屋内でもナビを行えるようにしているそうです。また、スタンプラリーの仕組みはスタンプの代わりにQRコードを活用してるそうです。

他にも大会プログラムを確認できたり近隣の食事処を確認できるとのことです。

オープンストリートマップによる屋内ナビ

オープンストリートマップのデータを充実させて実現されたとのことです。屋内情報や歩行者が通れる道の情報を追加しているそうです。

私も実際にインストールして動かしてみたのですが表示の部分でUIフレームワークのOnsen UIも使われているようです。

情報処理学会の全国大会に来場されている方はぜひ、試してみて下さい。

情報処理学会第79回全国大会ナビゲーション & スタンプラリーアプリ

名古屋大学 河口研究室のウェブサイト

イベントカテゴリーの記事