岡山情報ビジネス学院の学生達が会社見学でアシアルを訪問

Monaca Education担当の岡本です。

岡山情報ビジネス学院の学生達が会社見学でアシアルに来てくれました。

スーツの若者が大挙して押し寄せたため、普段TシャツとGパンが制服のアシアル社員一同はドキドキでした。

会社見学の模様

アシアル社員からは4名の社員が会社紹介や仕事・働き方の話を、岡山情報ビジネス学院からは3チームの方に制作中のアプリに関するお話をして頂きました。

アシアル社員の話

  • 取締役 塚田 亮一(東京餃子通信編集長)によるアシアルの紹介
  • Onsen UI開発リーダー 又川尚樹によるOnsen UIの話
  • 開発チーム Nikola Cvetkovski:Monaca(海外インターン生)による海外と日本の話
  • Education担当 岡本雄樹(ジャスティス岡本)による働き方の話

岡山情報ビジネス学院の発表

  • 写真を活用したSNSアプリ
  • iBeaconを使ったアプリ
  • スケジュール管理アプリ

※ コンテスト出品前のため詳細は非公開。

発表の模様(アシアル)


まずは取締役の塚田からアシアルやB2Bの仕事、システム業界についてお話。塚田は餃子のテレビ番組に良く出演していますが、元々は起業やVC勤務など多彩な経験を持ちMonacaが始まるタイミングでCMOとして入社した人です。


続いて、今年で入社二年目になる又川からOnsen UIの話。Onsen UIは世界中で利用者が伸びているオープンソースのプロダクトですが、彼は1年目からOnsen UIの開発リーダーを担当しているエースです。


海外からインターンでアシアルに来ているニコラによる、日本と海外のお話。


トリは昨年ハッカソンで優勝した話をドヤ顔で語る岡本の話。
※詳細が気になる方は優勝チームのメンバー書いたブログをご参照下さい 南島原のハッカソンで優勝して長崎新聞のセンターを取ったよー

発表の模様(岡山情報ビジネス学院)


写真を活用したSNSアプリ

iBeaconを使ったアプリ

スケジュール管理アプリ

Monacaチームも学生の活動を知るキッカケになりました

Monacaを開発しているメンバーは学生がどんな感じでアプリ制作に取り組んでいるかを直接知る機会がないので、社内で発表頂けたのは良かったなと感じました。

学生の成長に寄与していることを励みにMonacaの開発チームはこれからも頑張ってくれると思います、たぶん。

プログラミング教育・ICTセミナー in 長野に出展しました

6月3日(土)、長野県教育委員会×電算×みんなのコードの三者が開催した『プログラミング教育・ICTセミナー in 長野』にMonacaも出展してまいりました。

学校の先生向けにプログラミングの模擬授業を行ったり

ブース展示や

座談会がありました

長野は広い県なので生達が一同に集まるのは中々大変そうですが、大勢の先生が参加されていました。
また、色々な質問を頂いたり、中学校の先生から技術の授業で使ってみたいという声を頂きました。

Monacaは引き続き先生方と協力してプログラミング教育に取り組んでいきたいと思います。

旅日記(長野編)

今回の会場は塩尻市のため、自宅(八王子)から『特急スーパーあずさ』で向かいました。
素晴らしい景色が広がっていました。

そして、帰りに塩尻駅の食事処で『山賊そば』を頂きました。

長野県はお蕎麦が美味しいです。
実は今回のイベントの一週間前にもWordBench長野で登壇するために長野市で蕎麦を食べています。
また、その時にお土産で長芋を買ったのですが、こちらも美味しく頂いております。