沖縄県の教職員向け夏期短期研修でMonacaを使ったプログラミング講座を実施しました

アシアル沖縄支社の設立を目論んでいる岡本です。
今年の夏も沖縄で仕事をしてきましたのでご報告いたします。

沖縄県の夏期短期研修でMonacaの講座を実施

沖縄県の沖縄市にある沖縄県立総合教育センターでMonacaを使ったプログラミング講座を実施しました。

今回の研修は2日間にわたって開催し14名の先生方にご参加頂きました。内容は書籍『Monacaで学ぶはじめてのプログラミング~モバイルアプリ入門編〜』(通称、Monaca青本)にある内容のほぼ全てを消化しました。

2日間で実施する場合は概ね以下のような配分になります。

1日目

第1章 アプリ開発入門
第2章 HTML入門
第3章 CSS入門
第4章 JavaScript入門
第5章 条件分岐
第6章 関数
付録4 サンプルアプリ集(おみくじアプリ)

2日目

第7章 イベント
第8章 DOM
第9章 フォーム
第10章 いろいろな演算子
第11章 配列
第12章 繰り返し
付録3 ハードウェア機能の使い方(加速度センサー機能など)
付録4 サンプルアプリ集(英単語学習アプリ)

実際には、参加者の質問・興味関心などに合わせてアドリブで多少前後させます。

講義で使ったスライド

Monacaの青い入門書にはには授業で利用するためのスライド教材があります。学校の先生向けに提供しているものですが、今回の研修で私も実際に使用しました。

やはりスライドがあると便利です。

先生向けのMonaca2日間研修は初の試みでした

これまで先生向けの講習会は1時間の体験講座や半日程度の入門講座が多かったため、2日間研修は初の試みでした。2日間楽しみながら学習して頂くために色々な話を混ぜ込みながら講義を行いました。HTMLの講義でベクター画像とラスター画像の違いを話しつつ「さて、文字のフォントはベクターとラスターのどっちが良いでしょうか?」と問いかけてみたり、また学校の授業でIoTの実習を行うとしたらどんなシステム構成が考えられるか?を議論したりするシーンもありました。

受講者の感想

講義のあとの感想では以下のような言葉を頂いております。

本講座を受講して、どのようなことを学ぶことができましたか?

  • Monacaを使っての簡単なアプリなら、生徒にも導入しやすい。
  • モバイルアプリの活用について、多くのことを学ぶことができました。ありがとうございました。JavaScriptなど理解できよかったです。初めてMonacaを学びましたが、いろいろと学ぶことができありがとうございました。
  • Monaca(スマートフォンアプリ統合開発環境)で、かんたんにアプリを作ることができるということを学べました。
  • スマホやタブレットで活用できるアプリケーション「Monaca」の基本操作やアプリ制作を学んだ。
  • スマホのアプリ開発の入門が出来た。
  • ネットワーク上でのアプリ開発について、学ぶことができた。HTMLなど
  • Monacaの事例、基本的な知識を学ぶことができました。JavaScriptを体験することができました。
  • 新しい技術 初めてHTMLを使った。モバイルアプリのプログラムを学べて感動している。
  • Webの基本技術、「Monaca」の操作方法、モバイルアプリ制作技術
  • JavaScriptの基本、CSS等様々な事を学びました。個人的に伺いたかったデータ保存に関する事も理解できたので、とても良かったです。
  • 配列の考え方。センサーなどを使ったアプリの活用など
  • Webページ制作の基本とモバイルアプリ制作の基本について学ぶことができました。

本講座を受講して、感想や要望などがありましたらお聞かせ下さい。

  • とてもわかりやすく、丁寧に教えて頂きありがとうございました。
  • ハードウェア制御についてももっと学んでみたいと思いました。これからはIoTの時代なので。
  • 内容から外れたちょっとした話がおもしろかったり、参考になったりして良かったです。
  • HTML5の基礎知識がなかったが、質問にていねいに対応してもらえたので、楽しく研修を受けることができた。
  • アプリを公開できる知識・技術を身につけたい。
  • 「Monaca」は、はじめて使いましたが、大変わかりやすく勉強になりました。生徒の実習に利用できないか、いろいろ考える事ができました。
  • 今後、課題研究や実習で活用できる様に、勉強していきたいと思いました。
  • もう少し長くても良いと思う。まったくあきない研修でした。
  • 次年度以降は、経験者向けの応用編の講義もあったらいいなぁと…
  • 久しぶりプログラムを打ったりしてとても楽しかったです。 部活動の支援でも使えるようにしたい。

まとめ

今回の2日間研修ではアドリブが上手くいったようで多くの方に楽しみながら受講頂けました。また、入門者の方にも満足頂きつつハードウェアやセンサーと連携した領域まで興味関心を広げて頂けたようです。

なお、『Monaca Education』では教職員向けのプログラミング研修のご相談を承っておりますのでお気軽にご相談下さい。

埼玉県で行った高校生向け「スマホアプリ・プログラミングキャンプ」の報告

アシアルの岡本です。
ご報告が遅くなりましたが、8月7日(月)に埼玉県でAGS株式会社が主催した高校生向け「スマホアプリ・プログラミングキャンプ」は無事に成功したことを報告いたします。

当日は書籍『Monacaで学ぶはじめてのプログラミング』の付録にある『おみくじアプリ』と『英単語学習アプリ』を題材にして講義を行いました。

Monacaで学ぶはじめてのプログラミング

初心者向けの1日講義ではおみくじの実装は可能ですがクイズアプリの実装までは時間が取れません。そこで回はサンプルを改造するパターンにしました。

英単語ではなくクイズアプリや漢字の読み方アプリなどに改造してもらい、お互いに問題を出し合う時間を取りました。

また、AGSの社員の方にも回答者として壇上に上がって貰い、高校生が作ったクイズに挑戦して貰いました。

なお、誰も答えられないクイズだと場がしらけてしまうため

会場にいる3人以上が答えられる問題

という制約をかけた上で出題して貰いました。
大変盛り上がったので、別の機会でもクイズの改造はやっていきたいと思いました。

また、当日はメディアの取材も入り、日刊工業新聞さんやテレ玉(テレビ埼玉)さんも来られました。

AGS、高校生向けプログラミング体験会 スマホアプリに挑戦

私は元埼玉県民なのでテレ玉に出られたのは感慨深いものがありました。

全国のCoderDojoにMonacaの入門書を献本します!

アシアル株式会社は全国のCoderDojoに対して書籍『Monacaで学ぶはじめてのプログラミング(普及版)』を献本することを決定しました。

CoderDojoについて

CoderDojo は7〜17歳の子どもを対象にしたプログラミング道場で日本では全国に90以上の道場があります。運営はボランティアベースで行われており、子ども達の自主性を尊重した学習活動が行われています。

CoderDojo Japan – 子どものためのプログラミング道場

Monacaについて

スマホアプリの開発環境をクラウド上で利用できる開発ツールです。Monacaは元々プロ向けのツールとして展開しておりますが、ブラウザだけでプログラミングを行えることが評価され600以上の教育機関で採用されております。

Monaca – HTML5ハイブリッドアプリ開発プラットフォーム

献本の背景

スマートフォンは若者にとって最も身近なコンピューターのため、アプリ開発は非常に関心の高いテーマとなっています。MonacaはHTMLやJavaScriptといった言語でアプリ開発に挑戦できるため、CoderDojoに書籍を提供することで子ども達の創作活動を支援することにいたしました。

書籍『Monacaで学ぶはじめてのプログラミング(普及版)』

本書はクラウド開発環境Monacaを採用することで、プログラミング未経験者でも挫折せずにアプリ開発を学習できる本です。HTML5やCSSの基本、JavaScriptによる分岐や繰り返し・変数や配列の仕組みなどを12章立てで解説しております。章ごとのボリュームやサンプルコードにも工夫を凝らしており、学校の授業のような限られた時間でも安心して学べるようになっています。

※ 普及版では付録をカットしておりますが、サポートサイトで「カメラアプリ」「おみくじアプリ」「英単語学習アプリ」「宝当てゲームアプリ」などのサンプルコードは公開しております。

申し込みについて

申し込みをご希望の方は、一般社団法人 CoderDojo Japan までお問い合わせください。

担当: 安川 要平
連絡先: yohei@coderdojo.jp

プログラミング教育で重要なのは集中できる環境! 夏休みを使った集中講義や2科目合同講義の活用

Monacaを大学の講義で2012年から利用頂いている横浜商科大学・商学部経営情報学科の遠山先生にインタビューを行いました。

【岡本】
本日はお子様が生まれたばかりにもかかわらずお越し頂きありがとうございます。先生が5年近く取り組まれていた商学部でのプログラミング教育での知見について、どうしてもお話しを伺いたくてお願いしました。

【遠山】
御社の生形さんにも非常勤講師で参加して頂いて、かなり理想的な講義の編成が見えてきたのでお話しいたします。
ちょっと図に書きますね。

※ 各2単位、合計10単位。
※ 2単位は90分の講義を約15回分

【遠山】
本学では、経営情報学科2年生が一年間を通して、アプリ開発手法を学びます。しかしゴールが見えない中でプログラミングを一から学習すると挫折者が増えてしまうのを防ぐために、まず初期のモチベーションを上げつつ、プロセス全体を見通した上で履修できるように、一年間で学ぶ内容のダイジェスト版として「経営情報特論B」という講義を1年生の夏休みまたは春休みに実施しています。

【岡本】
なるほど、1年生の時にダイジェスト版でアプリの企画・開発・発表という一連の流れを経験させるわけですね。この講義はなぜ休暇中に行うのですか?

【遠山】
プログラミング入門を通常の1回90分の講義形式で行うと、途中の週でつまずいたり前回の内容を忘れてしまったりするケースが多くなります。そのため数日間ぐらい集中して学ぶ期間を用意できると一番初期のつまづきを防ぎやすくなることもあり、夏休みや春休みを活用しています。

【岡本】
私も心当たりがあります。以前ギター入門講座に通ったのですが、前の週に習ったことを全然憶えていませんでした。

【遠山】
ギター弾けるようになりましたか?

【岡本】
ダメでした…

【遠山】
ギターは分かりませんが、プログラミング入門の授業を行うのであれば半日以上集中して学べる環境を用意するのが望ましいです。最低でも2コマ連結して3時間ずつ学べるようにしたいところです。

【岡本】
二年生の春に行っている『情報システムとプログラミング1』は1コマですが、こちらでは何を実施したのですか?

【遠山】
ここでプログラミング技術の基礎固めを行います。HTML/CSS/JavaScriptの基本からはじまって、JavaScriptでの分岐や繰り返し、配列などの基本要素を必要に応じてちゃんと使えるようになるのを目指します。

書籍『Monacaで学ぶはじめてのプログラミング』も活用しました。ところで本の付録のアクティベーションコードが3ヶ月だと半期の授業で使いにくいので、6ヶ月になりませんか?

【岡本】
前向きに検討します。

【遠山】
また、2年生の春では関連する講義として『ITとデザイン1』の履修も推奨しています。2年生の秋に『情報システムとプログラミング2』と『ITとデザイン2』で2科目合同講義を行うので。

【岡本】
2科目合同講義ということは2コマ連結して3時間の講義を行うのですね。

【遠山】
2科目合同講義のメリットは時間だけではないのです、先生も2人体制になるので1人は技術指導役、もう1人は制作指導のプロデューサー役に回れるのです。

後編:スマホアプリ制作プロジェクト演習の鍵! 技術指導役とプロデューサー役のダブル指導方式に続く

AGS株式会社が埼玉県で高校生向けに「スマホアプリ・プログラミングキャンプ」を実施します

AGS株式会社(本社:さいたま市浦和区、代表取締役社長:石井 進)が2017 年8月に地域の高校生を対象とした「スマホアプリ・プログラミングキャンプ」を実施します。

プログラミングキャンプの内容

日時 : 8月7日(月)9時 30 分~17 時 30 分
場所 : AGSビル(さいたま市浦和区針ヶ谷 4-3-25)
参加費 : 無料
参加者 : 20 名
協賛 : アシアル株式会社
後援 : 公益社団法人埼玉県情報サービス産業協会、一般社団法人埼玉県経営者協会

詳細はPDF資料をご参照下さい。

ぐんまプログラミングアワード2017に中央情報経理専門学校のチームが出場します

ぐんまプログラミングアワード2017のファイナルステージに、中央情報経理専門学校のチームが出場します。

すでに観覧希望者の受付は締め切られておりますが、インターネット中継も予定されているそうです。

開発でMonacaを利用頂いたチームの出場部門と作品名は以下の通りです。

出場部門

アプリケーション部門

作品名

  • ぐんまふしんしゃMAP!!!開発プロジェクト
  • 納豆まぜまぜアプリ

※ 4/1(土)14:00よりプレゼンテーション予定。

ぐんまプログラミングアワード2017ファイナリスト一覧のリンクはこちら

情報処理学会 第79回全国大会に出展中

MonacaEducation担当の岡本です。

情報処理学会 第79回全国大会の企業ブースにて出張Monaca本献本キャンペーン実施中です。場所は名古屋大学のIB電子情報館になります。


懇親会にも参加しますので、お気軽にお声がけ下さい。

木曜日と金曜日は終日会場内におります。
※セッション中は離席している場合もありますので予めご了承下さい

情報処理学会 第79回全国大会に出展します

Monacaを運営するアシアルは2017年3月16日(木)から開催される情報処理学会 第79回全国大会に出展します。

ブースの場所はIB電子情報館になります。

Monacaの展示・教材の紹介などを行いますのでご関心のある方は是非ブースの方まで足を運んで頂ければ幸いです。Monacaを活用したプログラミング教育やアプリ開発について岡本が直接ご相談に応じます。

※会期は3日間ですが弊社ブースの出展は16日(木)と17日(金)の2日間を予定しております。

Monacaが学べる教室紹介(神奈川県海老名市)

神奈川県厚木市の公民館などでMonacaを使ったプログラミング教育を行っている崎山様より2月の講座情報をご連絡を頂いたため、ご紹介いたします。

講師名:[崎山 梨絵(サキヤマ リエ)]
講座名:【小学生対象】親子でつくるスマホアプリ作成講座(絵本アプリを作ろう編)
会場:コサイエ
※RICOH Future House(リコー フューチャーハウス)内にあります。

※Monacaでは外部の教室については一切保証しておりませんので予めご了承ください。