e-ZUKAスマートフォンアプリコンテストは賞が沢山!

Monacaを使っている先生と学生の皆さま

e-ZUKAスマートフォンアプリコンテストをご存じでしょうか?

飯塚という地名が付いているので福岡県の飯塚市民限定のコンテストかと思いきや、実は九州のみならず全国から参加者が集まり、協賛企業が20社以上でそれぞの企業から賞が沢山用意されているとても狙い目のコンテストです。

e-ZUKAスマートフォンアプリコンテストの特徴

  • 居住地、学生、社会人を問わない
  • 賞が沢山ある(2016年は23本)
  • 発表や審査のテンポが良いので楽しめる

注意点

  • 最終審査は飯塚市で行われます(交通費の関係上、九州在住の方の方が参加しやすいです。また、福岡はLCCが多いので福岡行きのLCCが就航している地域の人であれば比較的参加しやすいと思います)
  • プレゼンだけじゃ無くてデモブースでの実機紹介もありますので、それなりに動くものを持っていく必要があります。
  • 福岡は大きなイベントがあると宿が速攻で埋まるので宿の確保はお早めに。今回はライブイベントがあったため、3週間前には無くなっていました。

Monacaを使った作品を取材してきました

『最俺』最弱の俺が最強になるまで(Monaca賞受賞作品)

%e6%9c%80%e4%bf%ba01
チーム蝉(麻生情報ビジネス専門学校)による作品です。筋トレを楽しく行えるアプリでアバター機能やカレンダー機能、グラフ機能を備えています。

%e6%9c%80%e4%bf%ba4%e3%81%a4%e3%81%ae%e6%a9%9f%e8%83%bd

チーム蝉のブース
%e6%9c%80%e4%bf%ba_%e3%83%96%e3%83%bc%e3%82%b9%e5%86%99%e7%9c%9f

『オンクロ』Open Closet (横河レンタ・リース賞、ブロードバンド推進協議会賞 ダブル受賞作品)

cimg3020
チーム 小町達(こまちーず)の作品です。スマートロッカーを利用した貸借を行えアプリなのですが、アプリだけじゃ無くてロッカーまで開発しているのがポイントです。

%e3%82%aa%e3%83%b3%e3%82%af%e3%83%ad

MonacaとラズベリーパイでIoT作品を作ってくれる猛者を待ちわびていた私としては、非常に嬉しい作品でした。

%e3%82%aa%e3%83%b3%e3%82%af%e3%83%ad_%e5%86%85%e9%83%a8

こちらがロッカーの内部構造、結構シンプルですね。

先人たちの言葉(飯塚病院賞受賞作品)

%e5%85%88%e4%ba%ba%e3%81%9f%e3%81%a1%e3%81%ae%e8%a8%80%e8%91%89
チームgreatman(九州工業大学情報工学部)による、悩んでいる人に名言を届けられるアプリです。既存の名言を利用することで誹謗中傷が防ぐというアイディアが盛り込まれていました。

コンテストに参加されていた学校一覧(Monaca関係なく)

Monacaの利用は関係なく、コンテストに参加されていた学校を一覧にまとめました。

  • 関西学院高等部 数理科学部
  • 和歌山大学システム工学部
  • 沖縄工業高等専門学校
  • 麻生情報ビジネス専門学校
  • 奈良先端科学技術大学院大学

グランプリを受賞したのは和歌山大学システム工学部のチームTMTで作品は『おもてなし』というアプリでした。また、高校で参加されていたのは『関西学院高等部 数理科学部』で『Drivers』というドライバー向けのSNSアプリを発表しトヨタ自動車九州賞を受賞されていました。

グランプリの情報はインプレスのサイトに上がっている記事が詳しいです。e-ZUKAスマートフォンアプリコンテスト2016、受賞作品決定

発表や審査のテンポが良いので楽しめる

発表は5分間で質疑無しというライトニングトークのスタイル、そして質疑も無いので1時間で10作品以上が紹介されます。質疑の代わりにブース展示の時間が用意されているので、そこで実際にアプリを触ったり説明を受けることができるようになっています。

また、当日は会場となっている九州工業大学のキャンパスが学園祭のタイミングで行われたため一般の方の観覧も多くて非常に盛り上がるイベントになっていました。

Monacaからのお願い

  • MonacaEducationではアプリコンテストやハッカソンのツール協賛をしていますので、ご興味がある方は岡本までご連絡ください(運用状況などを確認の上、協賛の可否を判断します)。内容や規模によっては、参加者向けのMonacaワークショップ開催も可能です。
  • 作品を発表するときに『Monaca使いました!』って言って貰えるとMonaca開発チームの励みにもなるので是非お願いします。

情報科学専門学校でMonacaセミナーを開催しました

神奈川県横浜市の専門学校、情報科学専門学校にてMonacaセミナーを実施しました。

%e6%83%85%e5%a0%b1%e7%a7%91%e5%ad%a6%e5%b0%82%e9%96%80%e5%ad%a6%e6%a0%a1

授業風景。Monacaはクラウド型のアプリ開発環境です。
iwasaki_02

こちらはおみくじアプリを作ってMonacaデバッガーで確認している様子です。

昨年、Monacaで開発していただいたアプリの紹介

昨年、横浜市西区オリジナルアプリ 西区まち歩きアプリ「NISHIMARO DIARY」
をMonacaで開発、リリース頂いております。

screenshot_2016-11-08-16-10-29

情報科学専門学校では横浜市や西区と連携してアイデアソン・ハッカソンを実施されているそうです。また、アプリ開発ではMonacaをご活用いただいております。

ICT教育推進協議会モバイルWG企画講演でMonacaの講座を行います(無料)

ICT教育の普及促進を行っているICT教育推進協議会のモバイルWGが主催する企画公演でMonacaの講座を行います。

ICT教育推進協議会モバイルWG企画講演「Monacaで簡単アプリ開発講座」

Monacaの使い方と開発に必要な言語の基礎知識(HTML/CSS/JavaScript)の入門を行います。会場は「東京大学 本郷キャンパス」です。まだ、Monacaを使ったことが無い方でご都合の合う方は是非この機会にご参加下さい。

情報

会場:東京大学 本郷キャンパス 工学部2号館10階 電気系会議室5
開催日時:2016年11月16日(水)18:00〜20:30

詳細情報や申込についてはICT教育推進協議会の募集ページをご確認ください。

MonacaのK-12領域におけるプログラミング教育の貢献が評価され『IMS Japan賞』を受賞しました!

10月26日 (水)に開催された『eラーニング アワード 2016 フォーラム』の『IMS Japanトラック』にて、MonacaのK-12領域におけるプログラミング教育の貢献が評価され『IMS Japan賞』(優秀賞)を受賞しました!

%e5%84%aa%e7%a7%80%e8%b3%9e_a

また『K-12領域を対象にした、HTML5とJavaScriptでマルチOS、マルチデバイスに対応する開発環境の提供』と題して講演を実施し、プログラミング教育で学校が抱えている課題やMonacaによる解決方法、生徒達のプログラミングによる成功事例についてご紹介させて頂きました『IMS Japan賞 表彰式&受賞者講演』

ims%e8%b3%9e_%e8%ac%9b%e6%bc%941

受賞に対する岡本からの一言

Monacaのプログラミング教育に対する貢献が認められて非常に嬉しいです。受賞はMonacaを使って生徒にプログラミングの指導をしている先生方とプログラミングに向き合っている生徒達、それとアシアル社内でMonacaを開発しているエンジニアや実案件でMonacaを使って開発実績を上げている人達があってこそです。

そして、壇上に上がって表彰されるというのは非常に嬉しいものだと改めて感じました。

Monacaでプログラミングを学んでいる人達が色々なコンテストやハッカソンイベントなどで活躍の機会や評価される機会を増やせるように、これからも頑張っていこうと思いました。

IMS Japan賞について

IMS Japan賞は、一般社団法人 日本IMS協会(英語名;IMS Japan Society)がIMS Global Learning ConsortiumのLearning Impact Award (LIA)に範をとり、テクノロジーの教育利用に多大な貢献のあった優れた事例を顕彰する賞です。優秀賞にはIMS Global Learning Consortiumの主催するLIAの最終審査への出場権、さらに最優秀賞には渡航費補助として賞金20万円を授与されます。IMS Japan 賞の選考基準はLIAの選考方法に準拠、2次審査では海外審査者も参加し審査は英語で行われました。

一般社団法人日本IMS協会

拓殖大学でOnsenUIとIT業界での働き方について講演しました

MonacaEducation担当の岡本です。

昨日、Monacaを授業で利用頂いている拓殖大学・工学部情報工学科にOnsen UI2を利用した(SPA)シングルページアプリケーションの作り方に関する講義とIT企業での仕事に関する講演を行いました。

%e6%8b%93%e6%ae%96%e5%a4%a7%e5%ad%a6
情報工学を学んでいる学生達からIT業界で働くことに関する積極的な質問を沢山受け私の方も非常に刺激を貰いました。

大阪府立岸和田高等学校『岸コレナビ』がU-22プログラミング・コンテスト2016にて受賞

大阪府立岸和田高等学校『岸コレナビ』がU-22プログラミング・コンテスト2016にて『CSAJ会長賞』を受賞しました。
img_2503
開発にはMonacaとMozillaが開発したVR用ライブラリA-Frameが利用されました。
img_2504_720
開発の成果は後日、オープンソースで公開されるそうです。

最終審査会の結果をU-22プログラミングのサイトで確認する