静岡県立島田商業高等学校 鈴木滋先生インタビュー

Monacaを使ってアプリ開発を行っている島田商業高校の取り組みは市の広報や各種メディアにも多数取り上げられています。

島商生がご当地検定アプリ「しましる」を作成
「しままる」は島田市のウェブサイトでも取り上げられました。iOS版とAndroid版のアプリがストアからもダウンロードできますので、ぜひお試し下さい。


Goolge Play
App Store

40人のクラスでアプリを10個生み出して『Google Play』や『App Store』にも掲載を行っている島田商業高校・鈴木先生にインタビューしました。

鈴木滋先生は何者?

岡本「鈴木先生は民間でエンジニアとして働いていたのですか?」
鈴木「いえ、全くそんなことはありません。学生の時に民間でアルバイトしたことはありましたが、IT系ではないですしね。まぁ商業高校出身なので授業で少しCOBOLとかをさわったことはありますが、大学も情報系ではありませんでした。」
岡本「地域の事業者と連携して課題解決型のアプリケーションを作る授業をされているので、ビジネス経験かエンジニア経験のどちらかをお持ちかと勝手に思っていたのですが、そうではないのですね。」
鈴木「プログラミングは情報ビジネス科の授業で必要だったので、教員になってから勉強しました。」

鈴木先生はどうやってプログラミングを学んだか?

岡本「鈴木先生はいまお幾つぐらいでしたっけ?」
鈴木「40代前半です」
岡本「では、先生になられて授業のためにプログラミングを学びはじめたのはWindows2000ぐらいの時代でしょうか?」
鈴木「Windows Vistaだったきがします。」
岡本「なるほど。実際にはどんなテーマでプログラムを開発したのですか?」
鈴木「図書館の蔵書管理システムです、バーコードリーダーも接続しました。」
岡本「当時だと、開発環境は AccessとVBAあたりですか?」
鈴木「まさにそうです。」
岡本「図書館は高校生にとっても身近なサービスなので業務システムの例題としては良さそうですね。」
鈴木「はい。その後は、幼稚園向けのアプリをFlashで作ったり、色々やりました。」
岡本「商業科ではJavaも扱いますよね」
鈴木「ええ、私も7年前ぐらいからJavaをはじめました。」
岡本「MonacaはJavaScriptですが、そちらは如何ですか?」
鈴木「4年前ぐらいからはじめました。」

Monacaを知ったキッカケ

鈴木「Monacaを知ったのはオープンデータやシビックテックの流れがあったからです。」
岡本「意外です、Monacaがシビックテックの分野で使われていることは知っていますが我々自身はあまり活動ができていないので。」
鈴木「商業ビジネス科として地域の課題解決アプリを作ろうと考えたとき、アーバンデータチャレンジというコンテストやCode for のイベントに関わって誰かがMonacaを教えてくれたんです。」
岡本「なるほど、誰かがMonacaを教えてくれたのですね。」
鈴木「誰だったのかは全く憶えていません。ただ、そういった情報や生徒達の学びを支援してくれる仲間もシビックテック関係の集まりから広がっていったのは確かです。」
岡本「商業高校とシビックテックは相性が良いのでしょうね。これが工業高校とかだったら、たぶんIoTとかメイカームーブメントなんでしょうけど。」

商業高校と工業高校のコラボレーションはしないのか?

岡本「弊社で工業高校の専攻科1年生を2人受け入れた時にMonaca x IoT的な取り組み実験して貰ったのですが、商業高校と工業高校のコラボレーションってのは可能でしょうか?」
鈴木「商業科としてはハードウェアには手を出さないようにしてきたのですが、今の時代はハードウェアもソフトウェアもセットで考えてビジネスにしていくのが当たり前ですので、工業高校とコラボできたら面白いとは思います。」
岡本「工業の情報と商業の情報って学校間や先生間での交流はあるのですか?」
鈴木「私の知る限りでは、ありません。」
岡本「今日のオープンソースカンファレンスとか、何か顔を合わせるイベントというか機会があると良さそうですね。」

どうやったら他の学校でもアプリを10本リリースできますか?

岡本「先生、教育機関でのMonaca導入や成果を増やすのが私のビジネスなのですが、どうしたら他の学校でもアプリが沢山生まれるようになりますでしょうか?」
鈴木「やはりマニュアル化というかワークみたいなものが必要かと思います。」
岡本「それは避けられませんか。」
鈴木「協力しますよ。」
岡本「ありがとうございます。それと、シビックテックやオープンデータみたいな話も含めてMonacaの活用イメージを持って貰うためには、何か良い方法がありますでしょうか。」
鈴木「マンガが良いと思います。オープンデータ関係のRESASにはマンガがあります。」
※ RESASまんがブックレット「そうだったのか!RESASでわかる私たちの地域」
岡本「なるほど!早速、上司に相談してみます。」
鈴木「あと、島田商業高校では地域の企業と連携をはかり色々サポートして頂いてます。」
岡本「何社ぐらいですか?」
鈴木「開発のサポート関係で5社ぐらいです。それと、地域の課題を解決するアプリはデータや素材の提供で協力をお願いするケースもあり、色々な企業や団体に相談を持ちかけています。」
岡本「データや素材強力の場合は生徒が連絡をとるのですか?」
鈴木「はい、もちろんメールで連絡しますよ。」
岡本「高校生がメールで企業と連絡を取り合って課題を進めるのは良い学習になりそうですね。」
鈴木「やってみると、メールに対する返信がFAXや電話で学校宛にくることも多くて興味深いですよ。」
岡本「なるほど。」

最後に

岡本「商業高校では企業と連携して課題制作を進めるのは一般的なのですか?」
鈴木「企業との連携自体は一般的です。ただ、情報分野での事例は殆ど聞きません。」
岡本「そこは島田商業高校が先駆者なのかもしれませんね。今度はサポート企業の方にもインタビューしたい。」
鈴木「生徒が夏休みに毎年インターンに行ってますよ。実際に就職するケースもありますし。」
岡本「就職は多いんですか?」
鈴木「半分ぐらいは就職しますね。」
岡本「素晴らしい、地域の企業と連携して教育することの大きなメリットですね。」

参考資料

平成28年度 情報ビジネス科 作品一覧

平成29年度 情報ビジネス科 作品一覧
「Civic Tech × オープンデータ ( + RESAS)」をテーマにし開発された作品が動画付きで紹介されています。
※掲載作品一覧
* 健康ツーリズム
* 深海ぎょぎょぎょ
* 茨城から宇宙へ!
* コインロッカーサガシ
* Smile
* 静岡防災~避難前・避難後の手助けアプリ~
* handy hazardmap
* お助けマン
* HAMAP
* しましる

事例67静岡県立島田商業高校/オープンデータを活用した地域貢献アプリ – キミのミライ発見
『キミのミライ発見』に掲載されている島田商業高等学校の取り組み事例です。

第10回全国高等学校情報教育研究会全国大会(東京大会)発表資料

高校生が見せた「オープンデータによるアプリ開発力」は日本の希望だ
ビジネス+ITの取材記事です。

静岡県立島田商業高等学校 ホームページ

静岡県立島田商業高校の3年生(就職予定)にインタビューしました


地域課題をアプリ開発で解決する取り組みを行っている『静岡県立島田商業高等学校』の3年生がオープンソースカンファレンス2018 Hamanakoに出展してブースを出されていたので、急遽インタビューを申し入れました。

インタビューには県内でIT企業への就職が決まっている『松浦さつき』さんにご協力いただきました。

学校で学んだことは社会で役に立ちそうですか?

岡本「静岡県立島田商業高校の情報ビジネス科では、オープンデータやRESASの活用やフューチャーセンターによる地域課題の発見など、実践的な取り組みを色々と行っていますが、学校で学んだことは社会で役に立ちそうですか?」
松浦「まだ社会に出ていないので実際に役立つかどうかはわかりません。」
岡本「失礼いたしました」

情報ビジネス科に入学した理由は?

松浦「中学校の先生が、”これからはロボットや人工知能が発達していくことで人間の仕事が奪われていく”と言ってたので、ロボットや人工知能を活用する側に回りたいと思って情報ビジネス科に進みました。」
岡本「なるほど。ではプログラミングなどを本格的に始めたのは高校からなのですね。」
松浦「はい。」
岡本「何が一番大変でしたか?」
松浦「全部大変でした。」
岡本「そ、そうですか。」
松浦「楽しいけど辛い、という感じでした。」
岡本「楽しかったならよかったです。そんななかで一番マシだったのは何ですか?」
松浦「資格対策の方がちょっと楽だったかもしれません。」
岡本「資格と言えば、iパスとかはやっぱり取るんですか?」
松浦「2年生の時に取りました。」
岡本「なるほど。やっぱりプログラミングは大変?」
松浦「1年目は大変でしたが、もう慣れました。」
岡本「よかった。」

自宅でプログラミングしますか?

岡本「自宅ではプログラミングしますか?」
松浦「しましるの開発では自宅からも行いました」
※ 『しましる』は島田商業が開発したアプリ作品の一つ、詳細はこちらを参照
岡本「Monacaなら自宅からでも開発の続きができるので便利でしょう?」
松浦「はい、便利です。」
岡本「よかった。私が学校の先生に売り込むときにそう言って勧めているから、確認できてよかったです。」

チームの決め方について

岡本「アプリ開発のチームってどうやって決めたのですか?」
松浦「最初クラスを半分に分けて、担当の先生も分かれたので先生によって決め方が違いました。」
岡本「なるほど」
松浦「私たちのグループは、プログラミングが得意な人がまずリーダーとして選出されました。」
岡本「ふむふむ。」
松浦「リーダーが5人選出されて、そのあとリーダーがメンバーにしたい人を仲間に入れてチームを作ります。」
岡本「チームが先で、そのあとで課題を探して決めたんですね。」
松浦「はい。」

プログラミングに取り組んだ時間

岡本「3年生では、何時間ぐらいプログラミングに取り組みましたか?」
松浦「週4回の授業で各1時間、それと部活や土曜日にもやるので毎週10時間はやりました。」
岡本「年間で考えると夏休みや試験期間を抜く必要があるから、40週と考えて400時間ぐらいかな?」
松浦「恐らくそれぐらいです」
岡本「いいですね、それぐらい取り組める時間があるのは。」

春からの社会人生活について

岡本「春からIT業界で働くことについては、ドキドキですか?ワクワクですか?それともギラギラですか?」
松浦「ギラギラって…」
岡本「IT業界で一旗揚げて成功者になりたいとか」
松浦「ちょっと、そういうのはないです。どちらかというとドキドキです。」
岡本「そうですか。まぁ、せっかくOSCの会場でブース出されているのですから業界の先輩方に後であいさつ回りをしましょう。」

※インタビューの後、静岡で活動しているコミュニティーや企業にあいさつ回りを実施しました。

※ ピンクの服の方は『WordBench しずおか』の『遠藤 進悟』さん

まとめ

プログラミングやコンピューターを学ぶ上で、用語が多かったりはじめて学ぶことが多いのはやはり課題だなと思いました。これから学ぼうと思った人が段階を踏みながら学べるようにしていきたいと改めて思いました。

また、学んだことが実際に社会で役立つかどうかは、現時点ではわからないので島田商業高校のOBにもお話を伺いたいと思いました。松浦さんにはOB会の立ち上げをお願いしたので、OB会が立ち上がったらインタビューないしアンケートを取りたいなと考えています。

スマホアプリ制作プロジェクト演習の鍵! 技術指導役とプロデューサー役のダブル指導方式

この記事はプログラミング教育で重要なのは集中できる環境! 夏休みを使った集中講義や2科目合同講義の活用の続きです。

【遠山】
ここでいうプロデューサー役というのは教育業界でいうところのファシリテーターに近い役割です。ただ、成果物作成に対する直接的なアドバイスと、作業の進め方やグループワークのアドバイスの双方を行うという点で、やはり名称はプロデューサーがしっくりきますね。

【岡本】
プロデューサー役がいるのは良さそうですね、1人で指導しているとソースコードの方の指導が中心になってしまい、作品全体の価値などの指導まで手が回らないです。

【遠山】
はい、プロデューサー役がいれば作品の目的や利用シーンなど、ソースコードの話より上のレイヤーに対する指導が行えるようになります。

【岡本】
なるほど、だから『ITとデザイン』の講義と合同で行うのですね。グループ分けなどは、どうされていますか?

【遠山】
まず、学生たちにテーマを提出させます。集まったテーマを教員側で統廃合して整理した上で公表し、改めて学生に選ばせています。学生たちも自ら選んだテーマなのでやる気になりますし、事前に方向性を整えることでテーマの質を担保できます。

【岡本】
上手くいかないテーマなどはあるのですか?

【遠山】
『暇な学生のための暇つぶしアプリ』のようなテーマが上がって来ることが多いのですが、哲学がないテーマは完成に至るまでのモチベーションが維持できないことが多いので、却下しています。また、原則としてゲーム以外で考えるように指導しています。

【岡本】
ご当地検定ゲームみたいなアプリを作っている高校もあるのですが、ゲームは難しいのですか?

【遠山】
地域のコンテストなどに挑戦させたいと考えているので、ご当地系ゲームは面白いですね。

ゲーム関係が絶対に駄目なわけではなくて、自分たちが必要だと思って主体的に作れるような哲学とビジョンを作れそうであれば構いませんが、ゲームの方がそれが難しいようです。以前ゲームの攻略アプリを作った学生がいたのですが、ストアでのリリースまで漕ぎ着けた実績があります。

【岡本】
ソースコードの行数が凄いことになったアプリですね。コピペで万単位の行数になったものを後で繰り返し処理に置き換えたら劇的に改善した、というお話しを以前聞かせて頂いたのを憶えています。

【遠山】
アイディア・ファーストで「何を作りたいか」の哲学・ビジョン・コンセプトを必ず技術より先に考えさせるようにしています。アプリ開発をやり遂げるには自ら企画を考えて発表し、それから開発に取りかかることでモチベーションを維持できるのです。

【岡本】
なるほど、それなら上手くいきそうですね。

【遠山】
ええ、2年生の秋は全員、目標達成できました。

【岡本】
貴重なお話しありがとうございます。
最後に今回のような講義を通じて学生が学べることや期待する成果について、改めてお聞かせ頂けますでしょうか。

【遠山】
ビジネス系の大学でもビジネスプランコンテストなどは最近増えていますが、情報系やデザイン系などに比べると、実際のプロダクトを伴う成果を外に発表する機会が少ないのですが、今回のような講義があれば成果物や発表の経験が残りますので、就活などでも学生時代のエピソードとして十分語れます。

4年間大学に通って学生生活で頑張ったことが「バイト先でリーダーとして頑張りました」ですと、それが悪いとは言いきれませんが教員としても寂しい。

例えば情報系の分野であれば各種のコンテストや情報処理学会などでも学部生にも発表する機会を色々と用意しているのですが、一般論として文系の学部生だと発表の機会が限られているので、アプリを企画して発表したりコンテストに出品したりするのは、学生時代の実績作りとして良いと考えています。

Monacaなら文系学生でも講義の範囲で本格的なアプリ開発に挑戦できることは証明しましたので、MonacaEducationの今後に期待してます。

【岡本】
ありがとうございます、頑張ります。

プログラミング教育で重要なのは集中できる環境! 夏休みを使った集中講義や2科目合同講義の活用

Monacaを大学の講義で2012年から利用頂いている横浜商科大学・商学部経営情報学科の遠山先生にインタビューを行いました。

【岡本】
本日はお子様が生まれたばかりにもかかわらずお越し頂きありがとうございます。先生が5年近く取り組まれていた商学部でのプログラミング教育での知見について、どうしてもお話しを伺いたくてお願いしました。

【遠山】
御社の生形さんにも非常勤講師で参加して頂いて、かなり理想的な講義の編成が見えてきたのでお話しいたします。
ちょっと図に書きますね。

※ 各2単位、合計10単位。
※ 2単位は90分の講義を約15回分

【遠山】
本学では、経営情報学科2年生が一年間を通して、アプリ開発手法を学びます。しかしゴールが見えない中でプログラミングを一から学習すると挫折者が増えてしまうのを防ぐために、まず初期のモチベーションを上げつつ、プロセス全体を見通した上で履修できるように、一年間で学ぶ内容のダイジェスト版として「経営情報特論B」という講義を1年生の夏休みまたは春休みに実施しています。

【岡本】
なるほど、1年生の時にダイジェスト版でアプリの企画・開発・発表という一連の流れを経験させるわけですね。この講義はなぜ休暇中に行うのですか?

【遠山】
プログラミング入門を通常の1回90分の講義形式で行うと、途中の週でつまずいたり前回の内容を忘れてしまったりするケースが多くなります。そのため数日間ぐらい集中して学ぶ期間を用意できると一番初期のつまづきを防ぎやすくなることもあり、夏休みや春休みを活用しています。

【岡本】
私も心当たりがあります。以前ギター入門講座に通ったのですが、前の週に習ったことを全然憶えていませんでした。

【遠山】
ギター弾けるようになりましたか?

【岡本】
ダメでした…

【遠山】
ギターは分かりませんが、プログラミング入門の授業を行うのであれば半日以上集中して学べる環境を用意するのが望ましいです。最低でも2コマ連結して3時間ずつ学べるようにしたいところです。

【岡本】
二年生の春に行っている『情報システムとプログラミング1』は1コマですが、こちらでは何を実施したのですか?

【遠山】
ここでプログラミング技術の基礎固めを行います。HTML/CSS/JavaScriptの基本からはじまって、JavaScriptでの分岐や繰り返し、配列などの基本要素を必要に応じてちゃんと使えるようになるのを目指します。

書籍『Monacaで学ぶはじめてのプログラミング』も活用しました。ところで本の付録のアクティベーションコードが3ヶ月だと半期の授業で使いにくいので、6ヶ月になりませんか?

【岡本】
前向きに検討します。

【遠山】
また、2年生の春では関連する講義として『ITとデザイン1』の履修も推奨しています。2年生の秋に『情報システムとプログラミング2』と『ITとデザイン2』で2科目合同講義を行うので。

【岡本】
2科目合同講義ということは2コマ連結して3時間の講義を行うのですね。

【遠山】
2科目合同講義のメリットは時間だけではないのです、先生も2人体制になるので1人は技術指導役、もう1人は制作指導のプロデューサー役に回れるのです。

後編:スマホアプリ制作プロジェクト演習の鍵! 技術指導役とプロデューサー役のダブル指導方式に続く

帝塚山学院大学「喜家村 奨」教授からの推薦文

学生にプログラミングを教える必要性を強く感じる今日、社会に出てから多くの学生が活用できる開発環境は何か、その1つの答えとして(株)アシアル社のハイブリッドアプリケーション開発環境Monacaを今年度から本学のプログラミング演習で導入することにしました。この演習での経験がIoT時代を生きていく学生達の少しでも手助けになれば幸いです。

帝塚山学院大学 人間科学部 喜家村 奨 教授