日本工学院八王子校の学生が第5回学生スマートフォンアプリコンテストで受賞

日本工学院八王子校ITスペシャリスト科システム専攻2年生チーム「だるま工房」がMonacaで開発したアプリで第5回学生スマートフォンアプリコンテストのインプリメンテーション賞を受賞しました。

スマートフォンアプリコンテストについて

スマートフォンアプリコンテストは情報処理学会コンシューマ・デバイス&システム (CDS) 研究会モバイルコンピューティングとパーベイシブシステム(MBL)研究会が主催する学生向けのアプリコンテストです。

学生であれば誰でも参加でき(社会人学生は不可)、副賞で賞金も用意されているそうです。

【参考】第5回(2017年)の時の応募スケジュール

エントリー期間が6月16日で1次審査が6月下旬、二次審査が8月29日で表彰式が8月30日でした。なお、2次審査と表彰の会場は東京電機大学でおこなわれました。

チーム「だるま工房」の活躍について

チーム「だるま工房」は「色花火」という作品でインプリメンテーション賞を受賞しました。この作品は光の三原色をゲームで学べるアプリになっています。

色花火の特徴

  • 光の三原色(加法混合・加法混色)について学べる
  • 1プレイ30秒で手軽に遊べる教育ゲーム
  • 花火をイメージしたたデザイン

実際のアプリの画面

制作チームの想い

「色の世界を知ってほしい。色の世界に触れるきっかけになってほしい」そんな思いでアプリ「色花火」を製作しました。このアプリの特徴は「ゲームで色彩感覚を学ぶことができる」ということです。また、多くの回数をこなし、早く色彩感覚を身につけていただけるように1PLAYの時間も短くなるようシンプルさを追求しました。しかし、ユーザ1人1人の「あなただけの花火をあげられる」独自性もあります。

いつから準備を行ってエントリーしたか

チーム「だるま工房」は5月から準備をおこなコンテストに向けて動き出したそうです。

2次審査の模様

2次審査は1分間のショートプレゼンとデモ展示で行われました。特に2次審査の会場はCDS/MBL研究会との併催になっていたため、デモ展示には研究会参加者が多数詰めかけたそうです。

Monaca Education担当の岡本より一言

大学院生チームも多数いる中で、2年生のチームが受賞するのは素晴らしい健闘だと思いました。

光の三原色を学べるゲームというのは個人的にも興味深いので、是非、アプリとしてリリースして欲しいです。そうすれば、高校の情報の授業などでも使われるのではないかと思います。可能であればサンプルアプリとしてソースコードを公開して頂けないか相談しようと思いました。

ITスペシャリスト科の木崎先生は「今度は最優秀賞を目指しましょう」と学生を励ましているそうなので来年の作品も楽しみです。

受賞された石見さんのブログでも記事が公開されています

アプリコンテストで受賞したまとめ | 学生事業主のポジティブブログ

日本工学院のブログでも記事が公開されています

第5回学生スマートフォンアプリコンテストで、八王子校ITスペシャリスト科チーム「だるま工房」がインプリメンテーション賞を受賞しました!

小学1年生の作成したアプリが『デジタルえほんアワード』にてキッズ賞に入選

Monacaで親子向けのアプリ作成講座などを行っている『アールズラボ』のお子さんが開発したアプリ『たねをまいたら』が『デジタルえほんアワード』でキッズ賞に入選しました。

第5回デジタルえほんアワード結果発表!

岡本も取材に駆けつけ、記念写真を撮らせて頂きました。

素敵な笑顔をありがとうございます。
Monacaの開発元として、こういった笑顔を頂けることは非常に嬉しいです。

たねをまいたら

作品を開発した崎山さんは小学1年生ということで将来が非常に楽しみです。

デジタルえほんアワードについて

デジタルえほんアワードはデジタル表現手法の開拓と発展を目的にしたアワードです。また、第五回目を迎えた2017年は世界32カ国から作品応募があり、作品も299作品とかなりの数が集まったそうです。

アールズラボについて

アールズラボは神奈川県を中心に親子向けのワークショップやプログラミング教育を行っている事業者です。Monaca以外にもビスケットやStuduinoを使った講座を用意されています。

アールズラボの出張講座

第9回 情報システム教育コンテスト(ISECON2016)で奨励賞を受賞

MonacaEducation担当の岡本です。
先日『情報処理学会 情報処理教育委員会 情報システム教育委員会』が主催する『第9回 情報システム教育コンテスト(ISECON2016)』で沖縄の友利先生たちと一緒に発表を行いました。

パネルの前に立たれているのがメイン発表者である沖縄県立宮古工業高等学校の友利先生です。
また、宮古島で会社経営をする傍ら非常勤講師も務めている福永さんも発表に参加。

私はブログをまとめている際に知ったのですが福永さんはネットワークに関する技術書を出されている方です。
ノンエンジニアのための社内ネットワーク施工・構築ガイド (Do IT Yourself)
イラスト図解式 この一冊で全部わかるネットワークの基本

友利先生のスライドに以下のような記述があるのですが、沖縄県立宮古工業高等学校は地域人材の活用が進んでいると感じました。

地域には隠れた人材がおり、それらの外部リソースと連携することで、情報技術の分野の生きた技術を授業に取り入れ、また、平素からきめ細やかな技術的なディスカッションを行っている。

発表内容のスライドと重要なポイントの抜粋を以下の通りお伝えいたします。

テーマ

産学連携による実践的プログラミング教育~スマホアプリ開発~

発表者

  • 友利 悟 (沖縄県立宮古工業高等学校)
  • 岡本 雄樹 (アシアル株式会社)
  • 福永 勇二 (有限会社インタラクティブリサーチ)

当日スライド

審査結果

奨励賞を受賞しました。

奨励賞(産学連携による実践的プログラミング教育~スマホアプリ開発~)
基礎学力に難の多い学習者に対して、プログラミングに興味を持たせようという目的をもって取り組んでいる事例である。小規模の工業高校において、スマホアプリを開発することを目標として産学連携で実践的なプログラミング教育を効果的に実践していることが評価された。この教育をベースとして、さらなる継続的な教育改善につながることが期待される。

ISECON2016 審査結果

重要なポイント

以下、スライド中から岡本が抜粋・再編集。

基本情報(スライドP3)

主な対象

  • 高校生を対象としたプログラミング教育の実践報告

教育目標

  • プログラミングに対する苦手意識を解消
  • プログラミング全体への興味や関心を持たせ、自己肯定感を高める

特徴

  • 工業高校でのプログラミングの授業にスマホアプリ開発を導入
  • 授業環境を選ばないブラウザベースの統合開発環境の活用
  • 出前授業や地域人材など外部リソースの活用

高校におけるソフトウェア教育の現状(スライドP4)

  • 授業時間が少なく年間70時間を確保することが難しい
  • 実習も行うが基本的には座学中心
  • 検定に備えてC言語を採用することが多い
  • C言語による入門は入出力がCUIに限定されるため多くの生徒には無味乾燥で退屈な構文の勉強となる

授業の進め方(スライドP12)

  • 実習等の授業時間を使い「ひな形」に手を加えていく手法でスマホアプリ開発を行った
  • ある時は4時間の作業時間を設定し、3時間でベースとなるプログラムを完成させ、残り時間で好きなように拡張させた
  • 質問に対し教員はヒントのみを与えた。
  • 分からない点は生徒同士で情報共有・ピアサポートをさせた
  • 最後に教員とプログラムを共有することで提出とした
  • これに加えて、感想や考察を記述したレポートを提出させた

学習に対する効果:生徒の振る舞い(スライドP13)

  • スマホで動く様子を見て歓喜の声を発していた
  • 生徒間で情報共有を積極的に行っていた
  • 課題の枠を超えて自発的に改良や機能追加を続けた
  • Webで改良方法を調べてアプリに取り込むようになった
  • こんなプログラムを作りたいと自ら要望するようになった
  • ソースコードの修正と実行を試行錯誤する回数が増えた
  • 改良の必要に迫られ新たに獲得する知識が増えた

今後の展開(スライドP21)

  • 生徒がより多くのプログラムパターンに触れられるよう、アプリのバリエーションを増やしたい。
  • 「在学3年間の到達イメージ」に近づけるよう1年生にも本格導入したい
  • 中長期的な展望を持つ、産学連携のプロジェクトを立ち上げたい
  • 開発や維持の工程でも地域との連携を強化し、既存アプリのブラッシュアップ(語彙追加)や、アプリ種類を増やしたい
  • 各種通信ツールを活用して、遠近問わず多くの企業と交流を持ちたい

岡本の感想

工業高校の検定でC言語が登場するということを私も含めて始めて知った人が多かったのが印象的です。
また、私も工業高校に通っていたのでC言語やアセンブラをほんの少しだけ勉強しましたが、いざ作品を作ってコンテストや課題制作をするタイミングではPHP言語を独学で学んで行ったことを思い出しました。

順番として、プログラミング入門にはJavaScriptのようなスクリプト言語を採用し、更にアルゴリズムやコンピューターの仕組みを色々と学びたい人にはC言語を教える方が良いのかなと感じました。

メディアにも取り上げられました

宮古新報2017 年3 月30 日 9 面

情報システム教育コンテストで友利悟教諭ら奨励賞 – 宮古新報ニュースコム

宮古毎日新聞 2017 年3 月30 日 8 面

MonacaのK-12領域におけるプログラミング教育の貢献が評価され『IMS Japan賞』を受賞しました!

10月26日 (水)に開催された『eラーニング アワード 2016 フォーラム』の『IMS Japanトラック』にて、MonacaのK-12領域におけるプログラミング教育の貢献が評価され『IMS Japan賞』(優秀賞)を受賞しました!

%e5%84%aa%e7%a7%80%e8%b3%9e_a

また『K-12領域を対象にした、HTML5とJavaScriptでマルチOS、マルチデバイスに対応する開発環境の提供』と題して講演を実施し、プログラミング教育で学校が抱えている課題やMonacaによる解決方法、生徒達のプログラミングによる成功事例についてご紹介させて頂きました『IMS Japan賞 表彰式&受賞者講演』

ims%e8%b3%9e_%e8%ac%9b%e6%bc%941

受賞に対する岡本からの一言

Monacaのプログラミング教育に対する貢献が認められて非常に嬉しいです。受賞はMonacaを使って生徒にプログラミングの指導をしている先生方とプログラミングに向き合っている生徒達、それとアシアル社内でMonacaを開発しているエンジニアや実案件でMonacaを使って開発実績を上げている人達があってこそです。

そして、壇上に上がって表彰されるというのは非常に嬉しいものだと改めて感じました。

Monacaでプログラミングを学んでいる人達が色々なコンテストやハッカソンイベントなどで活躍の機会や評価される機会を増やせるように、これからも頑張っていこうと思いました。

IMS Japan賞について

IMS Japan賞は、一般社団法人 日本IMS協会(英語名;IMS Japan Society)がIMS Global Learning ConsortiumのLearning Impact Award (LIA)に範をとり、テクノロジーの教育利用に多大な貢献のあった優れた事例を顕彰する賞です。優秀賞にはIMS Global Learning Consortiumの主催するLIAの最終審査への出場権、さらに最優秀賞には渡航費補助として賞金20万円を授与されます。IMS Japan 賞の選考基準はLIAの選考方法に準拠、2次審査では海外審査者も参加し審査は英語で行われました。

一般社団法人日本IMS協会

大阪府立岸和田高等学校『岸コレナビ』がU-22プログラミング・コンテスト2016にて受賞

大阪府立岸和田高等学校『岸コレナビ』がU-22プログラミング・コンテスト2016にて『CSAJ会長賞』を受賞しました。
img_2503
開発にはMonacaとMozillaが開発したVR用ライブラリA-Frameが利用されました。
img_2504_720
開発の成果は後日、オープンソースで公開されるそうです。

最終審査会の結果をU-22プログラミングのサイトで確認する

竜ヶ崎第二高等学校商業部が優秀賞を受賞

Monacaでアプリ開発を行っている竜ヶ崎第二高等学校商業部が「いばキャラ図鑑」アプリで「いばらきデジタルコンテンツ・ソフトウエア大賞2015」において優秀賞を受賞されました。龍ケ崎市公式Webページで紹介されています

竜ヶ崎第二高等学校商業の活動は以下のページで確認できます
3月6日(日)秋葉原にて開催された「いばらきコンテンツコレクション」にて展示と授賞式がありました