スマホアプリ制作プロジェクト演習の鍵! 技術指導役とプロデューサー役のダブル指導方式

この記事はプログラミング教育で重要なのは集中できる環境! 夏休みを使った集中講義や2科目合同講義の活用の続きです。

【遠山】
ここでいうプロデューサー役というのは教育業界でいうところのファシリテーターに近い役割です。ただ、成果物作成に対する直接的なアドバイスと、作業の進め方やグループワークのアドバイスの双方を行うという点で、やはり名称はプロデューサーがしっくりきますね。

【岡本】
プロデューサー役がいるのは良さそうですね、1人で指導しているとソースコードの方の指導が中心になってしまい、作品全体の価値などの指導まで手が回らないです。

【遠山】
はい、プロデューサー役がいれば作品の目的や利用シーンなど、ソースコードの話より上のレイヤーに対する指導が行えるようになります。

【岡本】
なるほど、だから『ITとデザイン』の講義と合同で行うのですね。グループ分けなどは、どうされていますか?

【遠山】
まず、学生たちにテーマを提出させます。集まったテーマを教員側で統廃合して整理した上で公表し、改めて学生に選ばせています。学生たちも自ら選んだテーマなのでやる気になりますし、事前に方向性を整えることでテーマの質を担保できます。

【岡本】
上手くいかないテーマなどはあるのですか?

【遠山】
『暇な学生のための暇つぶしアプリ』のようなテーマが上がって来ることが多いのですが、哲学がないテーマは完成に至るまでのモチベーションが維持できないことが多いので、却下しています。また、原則としてゲーム以外で考えるように指導しています。

【岡本】
ご当地検定ゲームみたいなアプリを作っている高校もあるのですが、ゲームは難しいのですか?

【遠山】
地域のコンテストなどに挑戦させたいと考えているので、ご当地系ゲームは面白いですね。

ゲーム関係が絶対に駄目なわけではなくて、自分たちが必要だと思って主体的に作れるような哲学とビジョンを作れそうであれば構いませんが、ゲームの方がそれが難しいようです。以前ゲームの攻略アプリを作った学生がいたのですが、ストアでのリリースまで漕ぎ着けた実績があります。

【岡本】
ソースコードの行数が凄いことになったアプリですね。コピペで万単位の行数になったものを後で繰り返し処理に置き換えたら劇的に改善した、というお話しを以前聞かせて頂いたのを憶えています。

【遠山】
アイディア・ファーストで「何を作りたいか」の哲学・ビジョン・コンセプトを必ず技術より先に考えさせるようにしています。アプリ開発をやり遂げるには自ら企画を考えて発表し、それから開発に取りかかることでモチベーションを維持できるのです。

【岡本】
なるほど、それなら上手くいきそうですね。

【遠山】
ええ、2年生の秋は全員、目標達成できました。

【岡本】
貴重なお話しありがとうございます。
最後に今回のような講義を通じて学生が学べることや期待する成果について、改めてお聞かせ頂けますでしょうか。

【遠山】
ビジネス系の大学でもビジネスプランコンテストなどは最近増えていますが、情報系やデザイン系などに比べると、実際のプロダクトを伴う成果を外に発表する機会が少ないのですが、今回のような講義があれば成果物や発表の経験が残りますので、就活などでも学生時代のエピソードとして十分語れます。

4年間大学に通って学生生活で頑張ったことが「バイト先でリーダーとして頑張りました」ですと、それが悪いとは言いきれませんが教員としても寂しい。

例えば情報系の分野であれば各種のコンテストや情報処理学会などでも学部生にも発表する機会を色々と用意しているのですが、一般論として文系の学部生だと発表の機会が限られているので、アプリを企画して発表したりコンテストに出品したりするのは、学生時代の実績作りとして良いと考えています。

Monacaなら文系学生でも講義の範囲で本格的なアプリ開発に挑戦できることは証明しましたので、MonacaEducationの今後に期待してます。

【岡本】
ありがとうございます、頑張ります。

プログラミング教育で重要なのは集中できる環境! 夏休みを使った集中講義や2科目合同講義の活用

Monacaを大学の講義で2012年から利用頂いている横浜商科大学・商学部経営情報学科の遠山先生にインタビューを行いました。

【岡本】
本日はお子様が生まれたばかりにもかかわらずお越し頂きありがとうございます。先生が5年近く取り組まれていた商学部でのプログラミング教育での知見について、どうしてもお話しを伺いたくてお願いしました。

【遠山】
御社の生形さんにも非常勤講師で参加して頂いて、かなり理想的な講義の編成が見えてきたのでお話しいたします。
ちょっと図に書きますね。

※ 各2単位、合計10単位。
※ 2単位は90分の講義を約15回分

【遠山】
本学では、経営情報学科2年生が一年間を通して、アプリ開発手法を学びます。しかしゴールが見えない中でプログラミングを一から学習すると挫折者が増えてしまうのを防ぐために、まず初期のモチベーションを上げつつ、プロセス全体を見通した上で履修できるように、一年間で学ぶ内容のダイジェスト版として「経営情報特論B」という講義を1年生の夏休みまたは春休みに実施しています。

【岡本】
なるほど、1年生の時にダイジェスト版でアプリの企画・開発・発表という一連の流れを経験させるわけですね。この講義はなぜ休暇中に行うのですか?

【遠山】
プログラミング入門を通常の1回90分の講義形式で行うと、途中の週でつまずいたり前回の内容を忘れてしまったりするケースが多くなります。そのため数日間ぐらい集中して学ぶ期間を用意できると一番初期のつまづきを防ぎやすくなることもあり、夏休みや春休みを活用しています。

【岡本】
私も心当たりがあります。以前ギター入門講座に通ったのですが、前の週に習ったことを全然憶えていませんでした。

【遠山】
ギター弾けるようになりましたか?

【岡本】
ダメでした…

【遠山】
ギターは分かりませんが、プログラミング入門の授業を行うのであれば半日以上集中して学べる環境を用意するのが望ましいです。最低でも2コマ連結して3時間ずつ学べるようにしたいところです。

【岡本】
二年生の春に行っている『情報システムとプログラミング1』は1コマですが、こちらでは何を実施したのですか?

【遠山】
ここでプログラミング技術の基礎固めを行います。HTML/CSS/JavaScriptの基本からはじまって、JavaScriptでの分岐や繰り返し、配列などの基本要素を必要に応じてちゃんと使えるようになるのを目指します。

書籍『Monacaで学ぶはじめてのプログラミング』も活用しました。ところで本の付録のアクティベーションコードが3ヶ月だと半期の授業で使いにくいので、6ヶ月になりませんか?

【岡本】
前向きに検討します。

【遠山】
また、2年生の春では関連する講義として『ITとデザイン1』の履修も推奨しています。2年生の秋に『情報システムとプログラミング2』と『ITとデザイン2』で2科目合同講義を行うので。

【岡本】
2科目合同講義ということは2コマ連結して3時間の講義を行うのですね。

【遠山】
2科目合同講義のメリットは時間だけではないのです、先生も2人体制になるので1人は技術指導役、もう1人は制作指導のプロデューサー役に回れるのです。

後編:スマホアプリ制作プロジェクト演習の鍵! 技術指導役とプロデューサー役のダブル指導方式に続く

AGS株式会社が埼玉県で高校生向けに「スマホアプリ・プログラミングキャンプ」を実施します

AGS株式会社(本社:さいたま市浦和区、代表取締役社長:石井 進)が2017 年8月に地域の高校生を対象とした「スマホアプリ・プログラミングキャンプ」を実施します。

プログラミングキャンプの内容

日時 : 8月7日(月)9時 30 分~17 時 30 分
場所 : AGSビル(さいたま市浦和区針ヶ谷 4-3-25)
参加費 : 無料
参加者 : 20 名
協賛 : アシアル株式会社
後援 : 公益社団法人埼玉県情報サービス産業協会、一般社団法人埼玉県経営者協会

詳細はPDF資料をご参照下さい。

岡山情報ビジネス学院の学生達が会社見学でアシアルを訪問

Monaca Education担当の岡本です。

岡山情報ビジネス学院の学生達が会社見学でアシアルに来てくれました。

スーツの若者が大挙して押し寄せたため、普段TシャツとGパンが制服のアシアル社員一同はドキドキでした。

会社見学の模様

アシアル社員からは4名の社員が会社紹介や仕事・働き方の話を、岡山情報ビジネス学院からは3チームの方に制作中のアプリに関するお話をして頂きました。

アシアル社員の話

  • 取締役 塚田 亮一(東京餃子通信編集長)によるアシアルの紹介
  • Onsen UI開発リーダー 又川尚樹によるOnsen UIの話
  • 開発チーム Nikola Cvetkovski:Monaca(海外インターン生)による海外と日本の話
  • Education担当 岡本雄樹(ジャスティス岡本)による働き方の話

岡山情報ビジネス学院の発表

  • 写真を活用したSNSアプリ
  • iBeaconを使ったアプリ
  • スケジュール管理アプリ

※ コンテスト出品前のため詳細は非公開。

発表の模様(アシアル)


まずは取締役の塚田からアシアルやB2Bの仕事、システム業界についてお話。塚田は餃子のテレビ番組に良く出演していますが、元々は起業やVC勤務など多彩な経験を持ちMonacaが始まるタイミングでCMOとして入社した人です。


続いて、今年で入社二年目になる又川からOnsen UIの話。Onsen UIは世界中で利用者が伸びているオープンソースのプロダクトですが、彼は1年目からOnsen UIの開発リーダーを担当しているエースです。


海外からインターンでアシアルに来ているニコラによる、日本と海外のお話。


トリは昨年ハッカソンで優勝した話をドヤ顔で語る岡本の話。
※詳細が気になる方は優勝チームのメンバー書いたブログをご参照下さい 南島原のハッカソンで優勝して長崎新聞のセンターを取ったよー

発表の模様(岡山情報ビジネス学院)


写真を活用したSNSアプリ

iBeaconを使ったアプリ

スケジュール管理アプリ

Monacaチームも学生の活動を知るキッカケになりました

Monacaを開発しているメンバーは学生がどんな感じでアプリ制作に取り組んでいるかを直接知る機会がないので、社内で発表頂けたのは良かったなと感じました。

学生の成長に寄与していることを励みにMonacaの開発チームはこれからも頑張ってくれると思います、たぶん。

プログラミング教育・ICTセミナー in 長野に出展しました

6月3日(土)、長野県教育委員会×電算×みんなのコードの三者が開催した『プログラミング教育・ICTセミナー in 長野』にMonacaも出展してまいりました。

学校の先生向けにプログラミングの模擬授業を行ったり

ブース展示や

座談会がありました

長野は広い県なので生達が一同に集まるのは中々大変そうですが、大勢の先生が参加されていました。
また、色々な質問を頂いたり、中学校の先生から技術の授業で使ってみたいという声を頂きました。

Monacaは引き続き先生方と協力してプログラミング教育に取り組んでいきたいと思います。

旅日記(長野編)

今回の会場は塩尻市のため、自宅(八王子)から『特急スーパーあずさ』で向かいました。
素晴らしい景色が広がっていました。

そして、帰りに塩尻駅の食事処で『山賊そば』を頂きました。

長野県はお蕎麦が美味しいです。
実は今回のイベントの一週間前にもWordBench長野で登壇するために長野市で蕎麦を食べています。
また、その時にお土産で長芋を買ったのですが、こちらも美味しく頂いております。

小学1年生の作成したアプリが『デジタルえほんアワード』にてキッズ賞に入選

Monacaで親子向けのアプリ作成講座などを行っている『アールズラボ』のお子さんが開発したアプリ『たねをまいたら』が『デジタルえほんアワード』でキッズ賞に入選しました。

第5回デジタルえほんアワード結果発表!

岡本も取材に駆けつけ、記念写真を撮らせて頂きました。

素敵な笑顔をありがとうございます。
Monacaの開発元として、こういった笑顔を頂けることは非常に嬉しいです。

たねをまいたら

作品を開発した崎山さんは小学1年生ということで将来が非常に楽しみです。

デジタルえほんアワードについて

デジタルえほんアワードはデジタル表現手法の開拓と発展を目的にしたアワードです。また、第五回目を迎えた2017年は世界32カ国から作品応募があり、作品も299作品とかなりの数が集まったそうです。

アールズラボについて

アールズラボは神奈川県を中心に親子向けのワークショップやプログラミング教育を行っている事業者です。Monaca以外にもビスケットやStuduinoを使った講座を用意されています。

アールズラボの出張講座

第9回 情報システム教育コンテスト(ISECON2016)で奨励賞を受賞

MonacaEducation担当の岡本です。
先日『情報処理学会 情報処理教育委員会 情報システム教育委員会』が主催する『第9回 情報システム教育コンテスト(ISECON2016)』で沖縄の友利先生たちと一緒に発表を行いました。

パネルの前に立たれているのがメイン発表者である沖縄県立宮古工業高等学校の友利先生です。
また、宮古島で会社経営をする傍ら非常勤講師も務めている福永さんも発表に参加。

私はブログをまとめている際に知ったのですが福永さんはネットワークに関する技術書を出されている方です。
ノンエンジニアのための社内ネットワーク施工・構築ガイド (Do IT Yourself)
イラスト図解式 この一冊で全部わかるネットワークの基本

友利先生のスライドに以下のような記述があるのですが、沖縄県立宮古工業高等学校は地域人材の活用が進んでいると感じました。

地域には隠れた人材がおり、それらの外部リソースと連携することで、情報技術の分野の生きた技術を授業に取り入れ、また、平素からきめ細やかな技術的なディスカッションを行っている。

発表内容のスライドと重要なポイントの抜粋を以下の通りお伝えいたします。

テーマ

産学連携による実践的プログラミング教育~スマホアプリ開発~

発表者

  • 友利 悟 (沖縄県立宮古工業高等学校)
  • 岡本 雄樹 (アシアル株式会社)
  • 福永 勇二 (有限会社インタラクティブリサーチ)

当日スライド

審査結果

奨励賞を受賞しました。

奨励賞(産学連携による実践的プログラミング教育~スマホアプリ開発~)
基礎学力に難の多い学習者に対して、プログラミングに興味を持たせようという目的をもって取り組んでいる事例である。小規模の工業高校において、スマホアプリを開発することを目標として産学連携で実践的なプログラミング教育を効果的に実践していることが評価された。この教育をベースとして、さらなる継続的な教育改善につながることが期待される。

ISECON2016 審査結果

重要なポイント

以下、スライド中から岡本が抜粋・再編集。

基本情報(スライドP3)

主な対象

  • 高校生を対象としたプログラミング教育の実践報告

教育目標

  • プログラミングに対する苦手意識を解消
  • プログラミング全体への興味や関心を持たせ、自己肯定感を高める

特徴

  • 工業高校でのプログラミングの授業にスマホアプリ開発を導入
  • 授業環境を選ばないブラウザベースの統合開発環境の活用
  • 出前授業や地域人材など外部リソースの活用

高校におけるソフトウェア教育の現状(スライドP4)

  • 授業時間が少なく年間70時間を確保することが難しい
  • 実習も行うが基本的には座学中心
  • 検定に備えてC言語を採用することが多い
  • C言語による入門は入出力がCUIに限定されるため多くの生徒には無味乾燥で退屈な構文の勉強となる

授業の進め方(スライドP12)

  • 実習等の授業時間を使い「ひな形」に手を加えていく手法でスマホアプリ開発を行った
  • ある時は4時間の作業時間を設定し、3時間でベースとなるプログラムを完成させ、残り時間で好きなように拡張させた
  • 質問に対し教員はヒントのみを与えた。
  • 分からない点は生徒同士で情報共有・ピアサポートをさせた
  • 最後に教員とプログラムを共有することで提出とした
  • これに加えて、感想や考察を記述したレポートを提出させた

学習に対する効果:生徒の振る舞い(スライドP13)

  • スマホで動く様子を見て歓喜の声を発していた
  • 生徒間で情報共有を積極的に行っていた
  • 課題の枠を超えて自発的に改良や機能追加を続けた
  • Webで改良方法を調べてアプリに取り込むようになった
  • こんなプログラムを作りたいと自ら要望するようになった
  • ソースコードの修正と実行を試行錯誤する回数が増えた
  • 改良の必要に迫られ新たに獲得する知識が増えた

今後の展開(スライドP21)

  • 生徒がより多くのプログラムパターンに触れられるよう、アプリのバリエーションを増やしたい。
  • 「在学3年間の到達イメージ」に近づけるよう1年生にも本格導入したい
  • 中長期的な展望を持つ、産学連携のプロジェクトを立ち上げたい
  • 開発や維持の工程でも地域との連携を強化し、既存アプリのブラッシュアップ(語彙追加)や、アプリ種類を増やしたい
  • 各種通信ツールを活用して、遠近問わず多くの企業と交流を持ちたい

岡本の感想

工業高校の検定でC言語が登場するということを私も含めて始めて知った人が多かったのが印象的です。
また、私も工業高校に通っていたのでC言語やアセンブラをほんの少しだけ勉強しましたが、いざ作品を作ってコンテストや課題制作をするタイミングではPHP言語を独学で学んで行ったことを思い出しました。

順番として、プログラミング入門にはJavaScriptのようなスクリプト言語を採用し、更にアルゴリズムやコンピューターの仕組みを色々と学びたい人にはC言語を教える方が良いのかなと感じました。

メディアにも取り上げられました

宮古新報2017 年3 月30 日 9 面

情報システム教育コンテストで友利悟教諭ら奨励賞 – 宮古新報ニュースコム

宮古毎日新聞 2017 年3 月30 日 8 面

ぐんまプログラミングアワード2017に中央情報経理専門学校のチームが出場します

ぐんまプログラミングアワード2017のファイナルステージに、中央情報経理専門学校のチームが出場します。

すでに観覧希望者の受付は締め切られておりますが、インターネット中継も予定されているそうです。

開発でMonacaを利用頂いたチームの出場部門と作品名は以下の通りです。

出場部門

アプリケーション部門

作品名

  • ぐんまふしんしゃMAP!!!開発プロジェクト
  • 納豆まぜまぜアプリ

※ 4/1(土)14:00よりプレゼンテーション予定。

ぐんまプログラミングアワード2017ファイナリスト一覧のリンクはこちら

情報処理学会第79回全国大会ナビゲーション & スタンプラリーアプリでMonacaを採用いただきました

情報処理学会の全国大会に出展していたところ、名古屋大学の河口信夫教授から衝撃的なことを教えて頂きました。

情報処理学会第79回全国大会ナビゲーション & スタンプラリーアプリはMonacaで開発しました」

アプリのスクリーンショット

驚きました、イベントに出展したらイベントアプリが自社製品で開発されていたのですから…

Monacaが情報処理学会の全国大会でも活用されるとは大変名誉なことだと感じております。

アプリの内容

  • ナビ(屋外だけでなく屋内も対応)
  • 音声ナビゲーション
  • スタンプラリー
  • グルメ情報
  • 全国大会のプログラム情報
  • データ収集機能

懇親会の余興タイムでアプリの紹介がありました。

BLEによる測位を活用して屋内でもナビを行えるようにしているそうです。また、スタンプラリーの仕組みはスタンプの代わりにQRコードを活用してるそうです。

他にも大会プログラムを確認できたり近隣の食事処を確認できるとのことです。

オープンストリートマップによる屋内ナビ

オープンストリートマップのデータを充実させて実現されたとのことです。屋内情報や歩行者が通れる道の情報を追加しているそうです。

私も実際にインストールして動かしてみたのですが表示の部分でUIフレームワークのOnsen UIも使われているようです。

情報処理学会の全国大会に来場されている方はぜひ、試してみて下さい。

情報処理学会第79回全国大会ナビゲーション & スタンプラリーアプリ

名古屋大学 河口研究室のウェブサイト